「仕事」の進め方

新入社員研修を担当するとき


人事担当の方からは要望があるのに

本人達(新入社員)はそんなに重要に感じていない

カリキュラムがあります


マナー実習は

お辞儀の角度だけじゃあないんですよ!


・「身だしなみ」

制服の有無に関わらず

ほとんどの会社で強く要望されます


「それ、厳しすぎない??」

「そんなことまで?」

男女に関わらずそんな印象を持つようです

意識の違いですねぇ

会社は見ていますよ

「おしゃれ」ではなく「身だしなみ」です!


・仕事の進め方

これも要望が多いです

まず「PDCA」

どうやって仕事を進めるのか

どんな役割が必要なのか

何が必要なのかを学びます


これは実際のワークをすると

「あ、、」と気づく方が多いですね

役割とPDCAがしっかりできていると

ワークの成果が違います


・仕事の進め方2

絶対と言っていいほど要望されるのは

「報連相」です

「報連相がわかる方」と聞くと

「報告、連絡、相談!」とすぐに答えてくれます


「では報告と連絡の違いは?」

ここ重要です!


さて

「身だしなみ」「PDCA」「報連相」

全てに通じるものがあります


それが「コミュニケーション」

日本語で言うところの「相互理解」です


そう考えると。。

これらは

実は仕事だけではなくて

親子関係や恋人や夫婦の関係や

婚活!にも使えちゃう

コミュニケーション術なんですよ〜


と、たまには講師の目線です



lovely daze

リポーター、アクセサリーデザイナー、マナー講師 中嶋みさのHPです

0コメント

  • 1000 / 1000